scrap book (Handmade edition)

One day, the mountain full of negative film sitting on my table collapsed (Kerplunk!). Some have fallen onto the floor. I picked them up abruptly with both hands and placed them back on the table. As I opened the door to leave the room, a shaft of light crept into the room and illuminated the pile. I noticed something; it was the number I had scribbled onto the negative sleeves indicating the years I have been working on this project.

It was August 2014. The buzz of cicadas intensified in my ears through the window. My sweaty, damped fingertips decided to pull out a strip of negative film from the mountain of negative sleeves. One frame hinted at a thundering cloud. The strip had turned slightly purple - probably because of the lack of fixing, I thought. As I moved the transparent negative film from side to side, my eyes flickered, and the film inverted positive for a moment. It has been seven years since I started photographing the mountain villages of Niigata.

While casting my eye across the films, vivid memories from the time in Niigata came rushing back. I was standing at home in Chiba Prefecture in Tokyo where houses look like plastic models and roads are coated with grey asphalt. The sensation of gripping onto earthy ground was tingling through my toes. The sound of waves crashing onto river rocks was ringing in my ears and a wind had swept the smell of trees from the countryside. Far away from Niigata, these film negatives brought me back to the mountain villages, wondering how people from the villages are doing.

Hajime Kimura
 

 

“Scrap book”, the first photobook dummy edition, was created in 2014. This handmade edition is recreated with the essence of the original version. The core of the book is a blend of author Kimura's photographs and hand-drawn illustrations following the storyline of people living in mountain villages of Niigata between 2007 to 2014. This handmade edition is completed by printing every image, hand cutting each with scissors and pasting them one-by-one onto the pages of a travel notebook.

 

​※English proof: Louis Lim

 

Pages: 146pages
Size: 13.2x 21.8x 1.8cm
158images

19illustrations

Year: 2021

Edition: 39

Price: Sold out

Publisher: self-publishing

 

 

 

平積みされたネガのスリーブ。

透明な山がするすると崩れてゆくと、床に落ちたネガティブはパサッと音をたてて消えていった。

僕はそれらをおもむろに両手で拾い上げると、もとの位置にどさっと置いた。部屋を出ようとドアをあける。外の光が入ってくる。隙間から光の線がネガの山をぼんやりと照らす。部屋を出る。僕はドアを閉めようとする。くらい部屋の奥で、うず高く積まれたネガ。時間の堆積を明るい隙間から眺めた。

ふと、スリーブの右下にマジックで記された手書きの番号が目に入った。僕はドアを閉める。

 

2014年8月。僕は新潟のとある山村での記録を反芻していた。

みーんみーんと蝉の鳴き声が網戸越しに耳を通過してはすぐさま入り込んでくる。

汗ばんで湿った指先でネガを1列、引き抜いた。入道雲がネガの向こう側に見える。定着不足なのかネガは薄紫色に変化していた。ネガを左右に動かす。濃緑の林を向こう側に、ネガは一瞬だけポジティブに変わった。

7年という時間の経過の上澄み程度しか撮られていないイメージ群。それでもネガを透かして眺めていると、当時の記憶が噴水のように湧いては脳内を

駆け巡った。

東京の郊外、関東平野。千葉県の生家。プラモデルような住宅群、灰色のアスファルトでコーティングされた地面。その上を、するすると滑るように移動する自動車が遠くに見える。僕はネガをスリーブに戻した。

時間を横滑りしながら、僕は7年間の記録の上澄みを掬い取ろうとしていた。

川が岩に当たる音、木々が風に擦れ合った直後に身体に纏わりつく匂い。足の親指が土の地面を掴む感触。

スリーブに入ったネガを眺めながら尚、遠くの、同じ時間軸上に存在している彼らの事を考えていた。

 

木村肇

 

 

 本誌「scrap book」は2014年に出版された同タイトルの写真集のオリジナル版をベースに、数箇所の改定を加え、当時の形を忠実に再現したものになります。本の中身である物語の中心は、2007年から2014年までに作者である木村が、主に新潟の山村での人々の生活の様子を撮りためた写真と、手書きのイラストを中心に構成されたものです。それらを印刷した後にひとつひとつを鋏で切り抜き、ノートのページに貼ってゆくという作業を経て、本が完成されます。

ページ:146ページ

大きさ:13.2 x 21.8 x1.8cm

写真:158点

イラスト:19点

出版年:2021年

エディション:39部

価格:売り切れ

​出版社:手製私家版